森山仁美

      

桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。

第56回全日本学生音楽コンクール福岡大会高校の部第1位。

西日本国際音楽コンクールアンサンブル部門 NHK福岡放送局賞受賞。その他多数入賞をはたす。

第27回霧島国際音楽祭において、エミリー・バイノン氏のマスタークラスを修了。

これまで多数の演奏会に選抜され出演をはたす。また日本演奏連盟主催オーディションに合格、副賞として森山仁美フルートリサイタルを行い好評を博す。


これまでにフルートを神田寛明、峰岸壮一、瀬尾和紀、白尾彰、脇坂みどり、惠田拓の各氏に、室内楽を小澤英世、三輪郁、高野成之、北村薫の各氏に師事。


現在はソロ、室内楽、オーケストラの客演と幅広く活動する傍ら、後進の指導にも力を入れる。

フルートとピアノのデュオアンサンブル「fo’M」として毎年~フルートとピアノのやすらぎコンサート~を東京、福岡で行う。

2013年マタニティ対象演奏会を行ったことをきっかけに、フルートとハープのデュオアンサンブル「アイノオト」を結成。現在は「アイノオト」シリーズとして、各地で演奏を行う。

2017年九州交響楽団と共演。


木管五重奏FeliQ、福岡サロンオーケストラ、Harmonywings、北九州ウインドアンサンブルメンバー。北九州音楽協会理事。

北九州市ジュニアオーケストラフルート講師。